交通事故治療

交通事故のケガにこそオステオパシー(整体)

ムチウチの男性のイラスト

交通事故では特に早期施術が必要です。

事故に合ったら!!このくらい、と思っていたものが時間が経つごとに気になり、痛み出し、動かせなくなる程に痛み出す人もいます。

こうなってから事故のせいだと訴えても相手にしてくれない場合があります。事故のせいだと中々証明出来にくいものが多いのです。

そこで、事故で打ったところや痛みを感じるところ、そう思うところは最初の医師のカルテにぜひ記載してもらって下さい。

特に、首や腰付近はレントゲン撮影など必要以上に撮っておいて下さい。後日異常を示したときには有力な治療診断機能を発揮します。(事故が原因ではなかったとしても。)

頭部の痛み

器質的な異常はないが痛い、重い等の場合、頭蓋内の圧力関係や脳脊髄液の動きの停滞が原因である場合があります。

→頭蓋領域テクニック

頚部の痛み

有名なのは「むちうち」。ガンコな証明不能な異状が永く残ることで悪名高いですね。

→スティルテクニック、FPR、MET他

腰が痛い

軽く痛い、ちょっと痛い、、、大したことは無いようにみえますが、ここに普段の腰に対する負担が重なると、後で痛みが徐々に増してきて、、、。

→S・カウンターストレイン、MET他

上記のことは腰以外でも肩でも膝でも多々あり、後で「事故のせいで」と証明することが難しくなります。ですから最初に書いてあることが重要になってきます。

そしてなにより、

オステオパシー(整体)は上記のものに関して、とても有力な施術法を数多くもっている技術といえます。

賠償保険の適用に関して治療費やそれに掛かる諸費用は完全に保険で適用されます。

休業補償に関しても、その期間(主にその実治療日数や期間)について算出されます。

また、慰謝料に関してはその治療期間の長さや密度(実治療日数)により決まりますが、主に実治療日数が重視されます。

つまり病院で月2回通院するだけよりは整骨院で20回通院する方が大変なので金額もかなり多くなります。(病院と整骨院の場合、二重通院が認められています。)

その他いつでもご相談下さい。お待ちしています。

オステオパシー(整体)ってどんな特徴があるの?

オステオパシー(整体)は身体全体を診てその歪みを取り除き、エネルギーや体液、血液、リンパなど、各種の流れをスムーズにしてその自然治癒能力を高めます。

そのために、骨格、筋、筋膜、靭帯、神経系、ホルモン系、皮膚等に適切な手技を作用させていきます。

例えばその手技の一つに頭蓋領域施療法というのがあります。頭蓋骨はその基礎呼吸と呼ばれる動きによって頭蓋骨内部の脳脊髄液の循環に関与しています。

液の循環という流れが身体に大きく影響していくのです。

同様なことが身体の各所で血液により、リンパ液により、体液により、エネルギーによって強い影響を受けながら流れているのです。

そして、それらを阻害するのが各種の歪みです。

歪みを取れば何でも治るといった事ではありませんが、症状は軽くなります。

症状によっては治療回数や期間がかかる場合もありますので、あらかじめご了承下さい。

ご予約・お問い合わせはコチラ

TEL:0120-023-605

LINEで予約する